最近聴く音楽

さいきん、、疲れきっているのか、音楽がいつにもまして
心にしみてきます(;_;)

それも節操無い感じで、、
チベットの声明だったり
ラフマニノフだったり
昔から好きだった現代音楽だったり。

どれも、今、新鮮に聴こえることがとてもうれしい。
そして、節操無い、いろんなものから、勝手に力をもらえている気がする。
そこからなにか演奏が生み出せないものか。。。
あまりにも疲れてて、ちょっと無理して何かをしようという気が
おこらず、休憩したりすることがさいきん多いですが。

ピアノの生徒さん(小学5年生)からも、なにかいろいろ教えてもらっている
気がする。

疲れているからこそ、音楽のありがたみというか、美しさというか、
素晴らしさがわかる、、ということもあるだろう。
民族音楽の演奏家や歌い手、クラシックの作曲家、
それらを支えてきた聴衆、
みんないろんな経験をして、いろんな思いを持って音楽をはぐくんできたのだと思う。
音楽が身にしみるときは、何かそういうものに触れることが
できたときなのかも。

師匠のライブに行って
いろいろ考えるようになってから、
自分の好きなものを取り戻したり、世界が広がったり、
自分に必要なこと(自分自身を律すること)がわかったりと、
変化があるような気がする。

なかなか音楽だけに関わっていられませんが。。。
いつか自然に、自分の音楽の中にそういう面が出てきたら
いいなぁ。。。と思う。
[PR]
by rtakemoto | 2012-04-22 00:00 | Comments(0)

ジャズピアノに取り組んでいる武元理恵子の日々の記録


by rtakemoto