テレビで見たこと

今日は、テレビですばらしい人たちを見た。
一人はアメリカのプロ野球選手で、名前は覚えてないけど。。。
すごく苦労しながらも活躍してる人。
選手のお父さんが、半身不随だったけれど、息子であるその選手の
キャッチボールに付き合ってくれて、育て上げたらしい。
今でも、その選手は、野球場で、お父さんにむけてお祈りしてから、
試合にのぞむらしいです。すごい人たちがいるなぁ。。。
アメリカって時々そういうサクセスストーリー?みたいな、感動する話が
ある。アメリカだけってことじゃもちろんないと思うけど。

それともう一人は、日本人の方で、枯葉を用いて画を描き、画家になった人。
2千万の借金をかかえ、やくざのとりたてにあいながらも
母親のことばを支えとして枯葉で画を描くスタイルを確立した、、、らしい。
自殺を思って?山の中にさまよいこんだとき、枯葉で画を描くことを
思いついたらしいのです。
すごい。。。。。。

このお二方には共通点があるなぁ。
困難を自分で克服しているところ。
親の言葉を励み、支えとして生きていること。親に感謝していること。などなど。

、、、それとは対照的な二人の人をニュースで見た。
一人は警察官。ストーカーで殺人。
もう一人は愛知県の公務員。ストーカーで
同僚の女性のトイレをのぞいたりスカートの中を盗撮したり、、、。

わたしは一生、そこまでの行為はしないと思うけど
でも、誰かや何かに執着する傾向があるという点では、
そういう犯罪者と同じ要素を心に持っていると思う。
先に書いたほうの、二人の方々のような意識を目指してないと、
自分もどんどん、負の面が強くなっちゃうんだろう。
最近、いろんな人の伝記ってすごく興味ある。そういう本をもっと読みたい。
自分の身近にも、高い意識の人がいっぱいいるだろうし。
少しでも見習って、まねできたら。
自分はストーカーと同じレベルかもしれない。今のままだと。
[PR]
by rtakemoto | 2007-08-24 00:59 | Comments(0)


<< 豊川稲荷 孤独な客 >>