近況

情けないことに、たまに職場で同い年の先輩に
けっこうはっきり、、、注意されます。
そのときには、むっとしたりするのですが
大体そのあと、家でも、音楽面でも、すぐに同じような問題に直面し
軽い八方塞がり状態になり、納得せざるをえなくなり。
はっきり言ってくれる人っていわざるをえないからなのだろうけど、
いってくれるってことは実はかなりありがたいことのはず。
おせっかいに思われたり、嫌われたりするかもしれなくても
忠告してくれるわけで。
しかしわたしのような年になってこうやって言ってもらったりする人間って
いるのだろうか、、、。
言われるだけありがたいと思わなければ。
というか、もういい加減言われないようになる。

土曜日はトリオバンド練習、
日曜日はイオンでビッグバンドのライブ。
自分の好きな世界にひたることができ
贅沢な週末でした。

月曜日はセッション参加。
ここのところ、うまい人のライブに行ってあまりの違いにおののき
奏法で悩んだりしてて
そのままの状態でセッションに参加し、思ったとおり、ボロボロでした。
でも、力強くピアノを思い切り演奏する方が参加していて、
わたしもあんなふうにもっとはっきり力強く人前で演奏したいと
感じました。
火曜日は今度するピアノトリオの打ち合わせで
お店である八事のポップコーンに行きました。
ピアニストの奥村さんがフルートの方とデュオをしていました。

いろいろ悩みやあこがれはあっても
やっぱりジャズは、まず自分の持ってるものからスタートするしかないなぁと
感じました。
人前で自信を持って、力強く演奏すること。自分の持ち味をせいいっぱい
活かしつつ。
そのためには何をしたらいいか等、ここのところの経験で以前よりはっきり
わかったので、そこに取り組みたいと思います。

しかし
わたしに忠告してくれる人、
わたしにすごい演奏を聴かせてくれる人、
わたしをいろいろと誘ってくれる人、
いっしょに演奏してくれる人、等々、
いまさらながらいろんな人が自分のまわりにはいてくれている。
なんということか、なんて思えます。
何かを教えてくれる人ばかりです。
気がついたら、自分の周りってそういう人だらけだって思いました。
なんか最近、人が人っていうよりも
人を超えたものに思えます。変な文章。
というか、自分が思っていたよりもその人が深いものなんだ、と気づくことが多い。
単に自分が理解できないレベルだった、ということだけど。
人に、人の形よりも、裏側というか、経験というか、想いというか、
そういうものを感じるようになった。ひとりひとり違うのだろうけど。
そういうものがわたしのまわりにあるんだと思うとふしぎだ。
なんだか宇宙的(意味不明)。

とりあえず自分にできることからがんばろう。(なんだこの締めは、、、)
[PR]
by rtakemoto | 2007-09-12 21:36 | Comments(0)


<< いつもと違う朝 豊川稲荷 >>