GOETHE12月号

わたしの好きなブログで、紹介されていた雑誌を読んだ。
男性誌の「GOETHE12月号」、、、の中にいっしょについている、
「GOETHE WOMAN」のほう。
もし紹介されていなかったらぜったい買ってない雑誌だなと思いながら
読みました。
男性誌のほうの表紙が最近テレビでも見たアルマーニで、なかなかえぐい。。。
こういうのは、一流ビジネスマン?みたいな人が読むのだろうか。

肝心の女性誌のほうは、わたしからすると
あまりにも美しく知的でハイソな感じの世界に思えたけど、
写真や文章もきれいで、読んでいるだけでいい気持ちになれた。

それにしても面白いなぁと思った。こういう雑誌の出し方って。
どうしてこういう出し方なんだろ?男性誌に、別冊とはいえ女性誌が
くっついてるなんて。
ということはこれを買った男性も、この女性誌を読むのだろうか?
わたしも、自然と男性誌を読んだし。
女性誌は、実験版みたいなものなのかな?

この雑誌を出している会社の社長だか編集長だかが、
この前日経に出ていた。面白いものがだしたいとか、言ってたと思うけど
そこの出版社が出してるのを知って、編集の人って
いろんなことを考えているんだなぁ、などと思う。

女性誌のほうで、美しい庭、ということばがキーワードのように出てきてて、
そこだけははっとした。
どうもわたしは、演奏するとき、美しい庭、をイメージすることが多いので。
別に関係はないのかもしれないけど、
自分がいつも意識していることと共通することばが出てきてたので、
なにか関係があるのかな、とか思ったり。。。おこがましいか。

現実生活では美しい庭どころではないのですが。
会社で無理して、やらなくてもいい仕事もまでして
ちょっと身体にきて、反省。無理してはいけない。

雑誌の内容がぜんぶ理解できたとか自分とぴったしとかは思わないけど、
読んだことがどこかで反映されたら面白いなぁ、なんて思った。
いろんな楽器と、美しい庭のような世界が、つくれないかなぁ、なんて
またぼーっとしたことを考えたり。
こうやって夢想するのは楽しい。
自分で曲がつくれて、アレンジできて、
深い世界が作れたらすごい。

ちょっと自分とは違った世界の雑誌を読んだため
現実逃避モードになってしまった。
でも、たまに読むと雑誌も面白いな。
きっと一生行けない場所や、食べれない料理や、着れない服を
見ることだけはできる(みじめ、、、?)。
それにしてもこういう雑誌の写真って
ほんとうに美しい。
最近は写真のサイトもよく見る。
自分はぜんぜん撮らないのですが、写真を見るのが好きになった。
とりあえずなんだかせいたくな気持ちにはなれたな~。
寝る前にまた読もう。
[PR]
by rtakemoto | 2007-11-07 00:17 | Comments(0)


<< 週末 友人に会う >>