初練習

木曜日、会社から直行で栄に向かう。
初めてのデュオ練習。
自分の耳もとで、歌ってくれる人がいて、、、
そんなシンプルなことにすごく感動してしまった。
やっぱり生音ってすごい迫力がある。
CDとかの音楽体験なんて、ぜんぜんちがったもので。
まだまだ手探りだけれど、この声と、自分のピアノだけでなにかを
作るんだというあたりまえのことを、すごく意識しました。

練習の後は、ファミレスで話しました。
なんだか、学生の頃に戻ったような感じで自分は楽しくしゃべってました。
中・高・大学生のころは、こういう毎日があたりまえだったなぁなんて思って。
最近は会社の昼休みも、同僚の方々とおなかが痛くなるくらい笑ったりして、
なんかむか~しに戻った感じがする。ふしぎだ。
ぜんぜんメジャーなミュージシャンなんかにはなれてないけど、
ここまでジャズに取り組んできたからこそ出会えた人だし、
こういう時間が過ごせるようになったわけで、
ただそれがうれしかったです。努力するのが楽しくなるなって思いました。
でも、自分の演奏はまだ白紙状態。これからです。

いろんな人といろんな音楽が作れたらすばらしいなぁ。
そして何より、自分が主になって作れたら。
技術はともかく、これからどんどん取り組んでいきたい。
[PR]
by rtakemoto | 2008-02-01 00:09 | Comments(0)

ジャズピアノに取り組んでいる武元理恵子の日々の記録


by rtakemoto