カタツムリ

ここのところソロピアノの練習も毎日やっているのですが、
不思議なご縁で、ホテルのラウンジでソロピアノやデュオの演奏をするお話を
いただいた。
やはり人間求めていれば与えられるものなのか。
執念が伝わったのか?
家でさらっているだけじゃなく、演奏させてもらう場所があったら
すごく勉強になる。
がんばろう!

それにしてもソロピアノもデュオも
まったくごまかせません。
いかに普段、人に頼って演奏しているか。

がんばらねば~

ところで最近、台所に
カタツムリが住んでいる。
うちは、母親が作っている畑の野菜を
使うことが多いのですが
そのため、野菜にいろいろくっついてるみたい。
このカタツムリも、ほっといたら
いつのまにかごみの袋から出てきて、自分の場所をつくって
住み始めてた。でも、まったく殻に閉じこもったままだったので
死んでるのかな?と思ってたら、
母親がぽいっと、メロンの皮の切れ端をやったら
いきなり頭を出し、もぐもぐ食べ始めて。
それ以来なんとなく住みついている。

母親は、むかし、名古屋の社宅に住んでいたころ、
ベランダでザリガニも飼っていた、、
当時(数十年前)洗濯機はベランダにあったのですが
その洗濯機をのせてるブロックのようなところに
ザリガニがいて(もともとは兄が連れてきたのかな?)
母親は、なんとなく洗濯のかたわら
パンの切れ端などぽいっとやっていたら
けっこう長く生きて住み着いてた。
自分が幼稚園児だったころの話ですが。
なんか、ベランダにしめったパンのきれはしがころがっていた記憶がある。
ザリガニもたまに顔をのぞかせていた。

やはり山で育った人は
生き物が身近なのだな、、、。
わたしには餌をやるという発想もあまりない。

いつまでいるんだろうカタツムリ。
いかにも梅雨到来という感じがします。
[PR]
by rtakemoto | 2008-05-30 05:52 | Comments(0)

ジャズピアノに取り組んでいる武元理恵子の日々の記録


by rtakemoto