<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

文様

昨日の歌舞伎からのつながりか、
着物の文様が気になるようになり、ちょっとネットで検索したら、
陶器の文様に触れたページも見つけた。
くわしいことはわからないけど、着物の文様と陶器の文様と、
かぶるところもある気がした。
それで、その、陶器の文様をいくつか見たら、なんか、その背後にあるものが
感じれた気がした。今までまったくそんなもの、思わなかったのに。
いままでは、ただの華やかな綺麗な模様、という程度の印象だったけど、
なにか、それを作った人や、それが生み出される過程における、
祈りとか想いとか、そういうものが感じれた。

それで、たまたま持っていた着物の文様に関する本のまえがきを
ちょっと読んだら、日本の京都の伝統的な着物を染める作業というのは、
すごいつらいもので、神経痛になったりからだをこわしたりして、
早死にしてしまうほどハードな作業らしい。
それで、そういう作業をしてきたのは、韓国出身の人だったらしい。
その記述の信憑性はわたしごときにはわからないのですが、でも、
その人の最後の言葉に、
「いま人は美だけを見る。涙の術はみえない。」とあって、
ただきれいだなぁとか、美しいとか、そういうものではないのかな、と
思った。自分は、表面的にとらえがちなので、いろいろなことを。
音楽も同じかもしれない。

ちょっと面白いと思ったのは
その、陶器の文様で、有田焼に関するものがあって、
それらを扱ってるのが、瀬戸に住むトリオバンドのベースのNさん。
Nさんの店に行くと、いろいろな有田焼が置いてあります。
いままでそれをみても「派手だな~」ぐらいしか思わなかったけど、
今度見た時はちがってみえるかも知れない。
トリオバンドのドラムのA先生はこの前アメリカから戻ってきてて、
いろいろお土産話を聞かせてくれた。面白かったです003.gif
A先生は写真家。なんかいまさらだけど
面白いメンバーなんだな。
もうちょっとバンドの演奏が面白くなればいいのだが、、、
キャラだけだ。3人とも026.gif
[PR]
by rtakemoto | 2009-03-30 00:00 | Comments(0)

ふしぎな思い出

土曜日は一日忙しかった。
朝に自分のレッスンを受けて、家に帰ってから二人の人にレッスンして、
夜は岐阜のビッグバンドの練習に参加。
朝の、自分が受けたレッスンでは自分のできてないところを指摘され、
言われたとおりやはりできていないので、落ち込み、
そのままあたふたと時間が過ぎて夜のビッグバンド練習参加となった。
ビッグバンドでは、多くの人としゃべったり演奏したりで
とりあえず意味もなく元気が出て、なんとか一日を締めくくれた。

なぜか、岐阜のビッグバンドでは、TBさんの選曲で、
ラテンの曲が多い。今年の定演に向けてなのですが。
ラテンにもいろんな曲があるんだなと思う。
ビッグバンドの人はほんとにたくさんのビッグバンドの音源を持っていて、
たくさんのバンドや曲を知っていると感心します。

岐阜から帰ってBSをつけたら歌舞伎をやってて、
あまり歌舞伎の中継とか見ないけど、
たまたま見てたらなんか、意味はわからなかったけど
サウンドが気持ちよかった。
だんだん歳をとると、やはりああいうものがよくなるのかなぁ~。
意味もわからないのに気持ちいいなんて、、、。
こわいな、、、。

ワークシェアリングなるもので、
幸か不幸か、一日ごと早く帰ったり、週休三日になっているため、
早く帰ったとき、水戸黄門をテレビでやってるのを、一瞬見たりする。
歳をとると、水戸黄門もすごく見たくなるらしい。
そういえばむかし、水戸黄門の人形をもらったことがある、、、!
教員をしてた頃、上司の先生からもらった。
車の上にのせてあった。
今思うとすごくふしぎな思い出。
上司はあげたくなったからあげた、と言ってたけど、、、。
愛の告白ではなかったことは確かだが。

で、水戸というのは、なんかおもしろいところらしく、
一時期、水戸や後醍醐天皇、南朝にくわしい方たちと関わったことがあった。
(それもふしぎだが)
そのときも、自分は岐阜にしょっちゅう通っていたのですが、
その中の仲間の一人の人が、なんか
岐阜と東京(山手線内)と水戸?に関わる夢を見たと報告していた。
な、なんかちょっとカルトっぽい、、、今思うと、、、。
しかし最近、しょっちゅう岐阜に通い、ジャズを演奏するようになって
その数年前のふしぎな一連のことを思い出すようになった。
あれはなんだったんだろう、、、?

ここしばらくそういう非現実なこととは無縁で、
あまりにも現実的すぎる生活に追われていてすっかり忘れていたけど、
なんかそういえば、ちょうどジャズを習い始めたころに、そういう不思議な時期も
終わったんだったと思いだした。

なんかそんなことを思い出して書いた。
[PR]
by rtakemoto | 2009-03-29 00:00 | Comments(0)

3月のまとめ(早い)

3月は、偶然、岐阜の同じお店で3回演奏させてもらった。
お店に今まで聴きに行ったこともなく、リーダーの方と
何度も演奏していたわけでもなかったので
緊張したり、いろいろあったけれど、やっぱり
1回1回、とても勉強になった。
あと、発表会もありましたが、これもいろいろ感じさせられて、
勉強になりました。そういう意味で、どっちかというと
恥ずかしかったり失敗だったりくやしかったり、そういうことが
多かったのですが、そうしてはじめてわかるわけで。
自分はなかなか客観的になれず独りよがりだったり、
また傷つきやすいふりをしているので?他の人がはっきり
わたしに言いにくいようなことが多々あると思う。
それが、今月はけっこうはっきり言ってもらったりわかったりして、
痛いけどよかった。もっとそういう機会を多く持たんといかんなと
つくづく感じた月でした。まだ終わってませんが042.gif

演奏中てんぱっていることが多いですが、
共演した方、聴いてくださる方といろいろ感じあったり、教えてもらったり(音で)
したことも、3月は多かったです。思い込みかもしれませんが。
そういう体験は得がたく、うれしいものだなぁ~と思えました。
それを生かして、もっと自分の好きなものや、自分らしさも、
出せるようになれたらと感じます。独りよがりではだめだと思うけれども。

ピアノソロやベースとのデュオをやらせてもらえるところができそうなんで、
来月から、そこで、いろいろやってみたいと思っています。
考えただけでも楽しみです。。。楽しみながらやりたいです。

そうやって表現するためには、まだまだたくさんの努力が必要だけど、
ひとりでも、表現できるようにがんばってみたいです。
[PR]
by rtakemoto | 2009-03-23 00:53 | Comments(0)

お菓子の話

ちょこっとピアノを教えることになった。
ひとりは小さな子でクラシックで、一人の方はジャズピアノ。
でも、まだわからないけど。
でもこの前その小さな子とお母様がみえて、
あいさつに春日井のTETSUYA ROLLを持ってきてくれた。
テレビにも出たらしい、ロールケーキです。
この前、会社の先輩がくれたプリンのお菓子屋さんだった。
いまうちでお菓子をもらうと、親があまり食べない、というか
ほとんど食べないので、天敵がいないため、
全部自分で食べることになる←008.gif
調子にのって食べてたら、なんか、今日
おなかの感覚が今までとちがってきた。
肉が重なってる感じ。
自分がロールケーキになってしまいそうな勢いで。
でもとてもおいしいです。

パティシエといえば、、
辻口さんという有名な方がいたと思うのですが、
出身が石川県の七尾市で、うちの親と同じです。
辻口さんの実家は和菓子屋さんなのですが、
うちの親はその和菓子屋さんのことをやっぱりむかしから
知っていました。
たしか千種区に辻口さんのお店があったはず。
いちど食べてみたいです。

さいきん伊勢神宮ちかくのお店のお菓子を
立て続けにいただき、伊勢神宮にも久しぶりに行きたくなりました。

なんかまたお菓子のことばかり書いた。
[PR]
by rtakemoto | 2009-03-12 00:06 | Comments(0)

セッション参加

セッションにかなり久しぶりに参加しました。
以前いっしょに演奏した方や、そのほかいろんな方々と演奏しました。
それで、感じたことは、
自分はつくづく、自分がないなということでした。
自分のこだわりとか、好きなものとか、気持ちとか、
どこにあるんだと思いました。
これからは、もっとそこを突き詰めていきたい。
そう思うと、やることが大量にはっきりして、目標も明確になった。

金土の二日間いろいろ感じさせてもらえて
勉強になりました。また自分なりに取り組んでいこうと思います。
[PR]
by rtakemoto | 2009-03-08 00:00 | Comments(0)

最初で最後。。

初めてアフターダークに行きました。
そして、この店ではじめてのバンドでの演奏でしたが、
リーダーさんがしばらくレギュラーを休まれるということで、
最初で最後の演奏となりました。

おきゃくさまにミュージシャンがみえて
一人はトロンボーン、もう一人の方はピアニストでした。
大学のジャズ研出の男の方でしたが
飛び入りで弾かれて、盛り上がりました。

自分は、ライブを終えて客観的に自分を振り返ることとなりました。
今後の課題として取り組みます。

明日は臨時でセッションのホストバンドに参加しますが
たぶん今日と同じように、ホストというより
自分が一番勉強になるようなセッションだと思います。
そう思ってなんとかつとめたいです。
[PR]
by rtakemoto | 2009-03-07 00:00 | Comments(0)

2度あることは3度あって、3度めにいただいたお菓子は、
花畑牧場の生キャラメルでした。もらったのは1つぶですが。
しかし一度食べてみたかったものです。
食べ物に関してはほんとに望みがかなう。
それだけ純粋で真剣だからかもしれない。

さいきんいい曲、アレンジを知ったり
たまたま購入したCDがすばらしかったりして
しあわせです。
トリオバンドのドラムの、写真家の天野先生が仕事でアメリカに行っています。
自分もいつかはいちど行って、生ですばらしいライブに
立ち会いたい。
鳥肌が立つような。
夢です。

3月は、岐阜で、ライブがいくつかあります。
岐阜に来られる方、ぜひいらしてください。
[PR]
by rtakemoto | 2009-03-01 00:00 | Comments(0)