<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

訂正

ライブスケジュールに、7月29日(金)アフターダーク、
堀之内バンド、と表記していましたが、
まちがいでした。先週の金曜日にライブは終わっていました、、。
第4週ということを理解していなかったので、関係者の方々に
迷惑をかけました。すみませんでした。
[PR]
by rtakemoto | 2011-07-28 00:00 | Comments(0)

映画

二日ほど、BSで映画を見ました。
一つは、「異人たちとの夏」。
これは、脚本家の山田太一の小説を映画化したものということは
知っていたのですが、はじめて映画を見ました。
名取裕子と風間杜夫のきわどいシーンが多数あったり。
母親と見てましたが、、二人無言で見てました。
(途中から母親は寝た)

最後のほうで、完全にホラー映画になってしまうのですが^_^;
そのシーン、なにか、幼少のころに見た「HOUSE」いう
邦画に似ていました。そこで調べてみると、
同じ映画監督(大林宣彦)でした。
「HOUSE」のときは、よりによってピアノの鍵盤に、なんかどぎつい
色した水みたいのが流れて、、といっても記憶が定かではないですが。
ただこわいラストシーンで、印象に残っていました。
今回の、名取さんのホラーシーンが、まさに同じノリでした^_^;
基本的に、映画監督って変わらないのかな?

もう一つは、「カサブランカ」。
今まで一度も見てなかったです^_^;
ジャズチューンとしてあんな有名な映画を。。。
これもおもしろかった。
「君の瞳に乾杯!」
って、何回言うんだって思いました^_^;ここからきてたのかな?
このセリフは。使ってみたいセリフ。

その前にみた大河ドラマ「江」も、面白くなってきました。
江ってすごい女性だったんだなぁ。
織田、豊臣、徳川と大きな関係を持ち、
こどもが徳川三代将軍になって、また皇室の基礎ともなっていって。。。
ドラマといい、映画といい、強いメッセージがあって、
いろいろ感じさせられました。
音楽にああいうことはできるのか、、
やっぱり総合芸術だからああいうことができるのかな?
また音楽から受ける感動とは違うものなのかも。

youtubeでは、東京のライブハウスの演奏を見たり。。
いろいろおもしろいです。
ライブにもまた行きたい。
[PR]
by rtakemoto | 2011-07-26 00:00 | Comments(0)

3連休

土日はほんとにたくさん、セッションした。
両日とも、わりと、自分の演奏に対して、肯定的な見方を
してくれる人とばかりだったんで(笑)
すごく楽しかった。
(否定的な人のほうが勉強になりますが^_^;もちろん)

リズムの練習ってどうしていいかわからなかったんだけど、
いろいろ少しだけ教えてもらえた。
さっそく月曜日やってみたら、少しだけ自分の中に変化が、、、
気のせいかも、、
でも、もっともっと毎日やっていこうと思ってます。

いろんな人と知り合えて楽しい。
また、現実に会える人だけじゃないけど、
優れた人のことも知れたりして、世界が広がる感じ。
最近知り合った人が、以前から知ってた人とつながってたり、、
いろんな人を知ると勉強になります。

あいかわらずやることが山積みですが
仲間もたくさんいると思って
がんばりたい。

月曜は完全に休みという、
久々に最高の3連休でした><

サッカー女子、すごいなぁ~。
女は強い、、
[PR]
by rtakemoto | 2011-07-18 00:00 | Comments(2)

アフリカの思い出

パリが、、とか言っても
わたしは行ったことないし、今のままの生活なら
当分行けないであろう。
行ったことがある海外といえばアフリカのジンバブエと
バリ島だけ。
ジンバブエは、高校の同級生が音楽の教員として
当時働いていたので、
2週間以上いることができた。
今思うと、すごい体験ができたと思う。
たくさん動物も見たし、コンサートもしたし。

さいきんテレビでビートたけしがタップダンスの人を
取り上げている番組を見た。
セヴィアン・グローバーというかなり有名な人らしい。
コルトレーンの初期の演奏や後期の演奏に合わせてタップしていた。

ジャズの演奏をしていて、ときどき
大地と踊っているような気になれるときがある。
大地と一緒に大きく飛び上がって、揺れる感じ。
アフリカの踊りとか、タップとか、
黒人の文化ってなにか共通点があるのかなぁ。。と思った。

セヴィアン・グローバーは、踊りや音楽は
祈りなんだとか言っていた。

そういえば、パリ(paris)というのは、イシス(女神)と関係があると
むかしからいろんなところで目にしてた。par isis。
ちょっと調べるとエジプトとパリってなにか関係あるみたい。
イシスというのは大地母神。
神話は、人類の無意識の共通項みたいなものだから、
なにか教えてくれるかも。

なんかむかしのあやしい時期みたいにいろいろつながる、、さいきん。
バラ十字団の日本人会員さんとかもなぜか出会ってたしな、、
遠い日々だけど。
ここのところ、その時期とリンクするというか、
思い出す機会が多い。

変な日記。
[PR]
by rtakemoto | 2011-07-16 00:00 | Comments(2)

パリにまつわる思い出

なぜか今日、自分のブログにしてはとてもアクセス数が多い、、
なぜ?
なにかあったのか?!
たまにそういう日があるな。

トリオライブでした。
最近、お客様が決まっていて
ドラム、akimiちゃんのおっかけさんと、某たかぢゅんさんでした^_^;
かろうじてライブという形になった。
ありがたいことです。。。では済まないな(;一_一)

さいきん、テレビ、特にBSを入れると
パリの番組が多い気がする。
わたしが教員をしていた時、教育実習生さんが毎年来てました。
わたしはダメダメ教員だったのですが、
ある年、すばらしい教育実習生さんが来ました。
毎日の送り迎えは彼氏の車^_^;
研究授業は、その時、はやっていたPuffy。
生徒たちは大喜びでした。
その実習生の人が、パリが好きで、自分に合うと言っていました。
加納高校の音楽科卒業の人だった。
今頃どうしているかなぁ。
送り迎えしてた彼氏と結婚して、子供もごろごろ産んで、
音楽ぜんぜんやってなかったりしてそうだな(;一_一)

パリ、、というともうひとつ思いだすのが
わたしが卒業した音大で、一年下だった作曲科の女性。
この人、作る曲が、「あなたはラヴェルですか?ドビュッシーですか?」
というような、センスにあふれた才能の人でした。
のちのちの経歴を見ると、
卒業後留学して、パリの音大をトップで卒業していました。
大学って、うちのめされるけど、
わたしなんかがそういう人にも会えちゃうところがすばらしい。
彼女の最近の曲、聴いてみたい。
今は母校で講師とかしてるみたい。
しかも、そんな無茶苦茶才能あっても、
学生時代は「出版関係、編集者として就職したい」
とか、とぼけたことを言ってました。
彼女は字も無茶苦茶きれいで、手書きのレポートを見て、
驚いてしばらく見とれたことを覚えています^_^;

パリ、というとこの二人のことを思い出します、、、
ふたりとも面白い。
日本とパリ、ジャズとパリって、
どういう関係なのかな。
なんか気になる。

今日は、べースの谷井さんが、
すごく面白い論文を書いていたことも聞けたし^_^;
そのあと演奏したのですが、なんか面白かった。
人間っておもしろいですね。。。

次回のトリオライブは8月6日(土曜日)、多治見パレットです!!
よろしくです!!
[PR]
by rtakemoto | 2011-07-13 00:00 | Comments(0)

週末

土曜日はアフターダークでライブ参加。
ライブ終了後、お店にかかっていた音楽が気になり
ママさんに聞いてみると、
ピアニスト百ヶ徹さんのCDでした。
以前から知ってて、少しだけ聴いたことがあったけど、
その時はあまりわかりませんでした^_^;
しかし、土曜日にお店で聴いたら、
とても楽しい音楽でした。
つい最近もアフターダークにでライブしてたし、
けっこう尾張のライブハウスでも演奏されている方だったのに、
ライブに行ったことがありません。
大体自分が気づいたときは遅いことが多いです。。
せめて音源だけでも購入してたくさん聴こうと思います。

日曜は、ビッグバンド練習とトリオバンド練習がありました。
たくさん気づかされることがありました。

よくライブ終了後や練習後、
テレビを見たり、そのほかなにかを見たりしたとき、
見え方が変わっていたりします。
なんか、セッションしてると
そのときの演奏家やお客さんや場所や、
いろんなものと交流してるのかなぁと思います。
それで、感じ方が変わるのかな?と。
人同士でやるものだからか。
おもしろいです。

トリオバンド練習でごいっしょしたドラマーの方に、
リズムのことをいろいろ教えてもらえそうです。
これも楽しみです。

またいろいろがんばりたい。
[PR]
by rtakemoto | 2011-07-03 00:00 | Comments(6)

ジャズピアノに取り組んでいる武元理恵子の日々の記録


by rtakemoto