<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の花

ここ最近、仕事が自分にとって難しく、頭が沸騰したやかんみたいでした。
もっとがんばらねば。。。

土曜日は、市のとある音楽サークルのオーディションを受けました。
ホールで、ピアノソロで、10分ほど演奏しました(~_~;)

できはともかく、ピアノソロでホールで10分なんて
以前の自分にはとてもできないこと。
さいきんホールで演奏することが続いていたため、
度胸だけはついたのか。
なんとなく、3曲目に弾いた自分のアレンジしたルパンがいちばん
受けがよかったかも。。。まだまだですが。
もっといろんな曲に挑戦したいです(^。^)

そして、やっっっっと!!
自分の好きな曲が練習できるようになりました!!
長かった。。。
江南ジャズの曲の練習、4ビッグバンド合同の練習、オーディションの練習と、
すべてハードルが高く、
「ああこの曲いいな」とか「もっとこういう練習するといいかも」とか思っても
とてもそんな優雅な状態にはなれず。。。。。。

といっても、たくさん8月に大きな舞台でやらせてもらったからこそ、
次の練習や演奏につながっていると思います。
またいろいろなことに頑張りたいです。

庭というか、駐車場に咲いている花を携帯で撮ってみた。
あまり遠くからとると物置が写ったりしてきびしいのですが


おみなえし

f0137111_17333384.jpg


千日紅

f0137111_17341173.jpg


f0137111_17345126.jpg


美しい~。
[PR]
by rtakemoto | 2012-08-25 00:00 | Comments(0)

4バンド合同ライブ

土曜日は4バンド合同ライブでした。
たくさんの知り合いの方が来てくれていました。

富山から名門バンドさんが参加。
アンサンブルが美しい。個々のソリストさんも
ソロがすばらしい。バッキングも。

愛知県の2バンドさん。若い人がとても多かった。

それぞれやっぱりどのバンドも個性がありました。

打ち上げのセッションではたくさん弾かせてもらった(~_~;)
そして、ほかのピアニストが、わりと世代が近い女性の方ばかり。
セッション行くとすんごい若い人が多いけど、アマチュアの
ビッグバンドの女性ピアニストって
わりと自分と近い感じの人が多いのかな。。。と思った。
みなさん、ばりばり演奏活動されてる方だった(後から調べた(~_~;)

結局ビールたくさん飲んだ(^-^)お盆に家では諸事情でお酒が飲めなかったので
その分飲んでやろうと思い。。。

企画された方々はほんとうに大変だったと思います。
お疲れさまでした。

日曜はアルビレオ練習。
山野から帰ったドラマーさんにいろいろ話を聞いた。
私はそういう世界とは無縁だったので
あまりたくさんのビッグバンドを聴いたことがないけど、
富山の名門さんみたいに、美しいサウンドのバンドが
世の中にはたくさん存在してて、コンテンポラリーなものなんかも
軽々やっているんだろうなぁ。。。と思った。
一度行ってみたい。。。きっとショックを受けるだろうな。

そして、そのドラマーさんの友人が
となりの部屋で練習してて、以前わたしも少しいっしょに演奏したことが
ある方なのですが、
なぜかわたしを見て「難波弘之と知り合い?」と言われた。
そんなメジャーな人と知り合いのはずないのだが。。。
なぜだろう。体型が似ているから?風貌が?
ショック。。。(;_;)

そのあと帰宅してピアノソロ用に
ルパンのアレンジしてみた。楽しい(*^_^*)
もっといろいろできるようになりたいなぁ。
[PR]
by rtakemoto | 2012-08-19 00:00 | Comments(0)

再会。。

盆休み最後の日、ぷちクラス会に参加。
高校時代(音楽科)のクラスメート数人で集まりました。
数年来会ってない人にも会えて、行った甲斐がありました。
楽しかったです。

ここで、いくつか「え?!」ということがありました。

まず、待ち合わせ場所に早く着いたため、ある店でぶらぶらしていたら
クラスメートの一人に遭遇。
そこで話していたら。彼女のピアノの教え子が、某ミュージシャンの奥さまになっていると
判明。世間はせまいな~(;_;)

それとおまけが。
前日に兄一家が京都に帰っていたのですが(京都在住なんで)
まちがってわたしのカバン類を持って行ってしまいました。
ひとつは日曜にいるビッグバンド楽譜関係のかばん、もうひとつは
金曜には職場でいる、仕事関係のかばん。

兄はかばんを渡すためだけに名古屋に来てくれることになりました(~_~;)
わたしもぷちクラス会で名古屋に出る日だったので、夕方6時に名古屋駅の
新幹線改札で待ち合わせることに。

そこで、ぷちクラス会のあと、いつもなら小牧に直接帰るのですが、
名古屋駅によって帰ることになりました。
名古屋駅方面へ帰る友人と地下鉄に乗っていたら、
「おたけさん、そういえば※※さんが○○で働いているよ」と
教えてくれました。この※※さんは、わたしにとって
とても思い出深い、影響の強い人でした。
その分、うまくいかなくなって(同性ですが(~_~;)
まぁほとんどケンカ別れというか、高校卒業以来一度も会っていない人でした。
○○というのは、聞いたことも行ったこともない店でした。

それで、兄が来るまでの数時間を名駅の某店で
過ごすことにして。
周辺をしばらくぶらぶらしていました。
そしたら、、、さっき話していた、ケンカ別れした友人を目撃!!
一所懸命働いていました。
わー。。。そういえばさっき言ってたのこの店だ。。。。いた~。。。
と、遠くから見ただけでしたが(~_~;)
何十年ぶりだろ。。。
話しかけれませんでした。

なんだか、もろもろ、ふしぎな日でした。
時間ってなんだかふしぎだな。。。

でもいろんな話をみんなから聞けて楽しかったです。
[PR]
by rtakemoto | 2012-08-16 00:00 | Comments(0)
f0137111_8282068.jpg


江南ジャズフェスティバルに参加しました。
トリオとビッグバンド。
どちらもけがをした時期に近かったので、ご心配をかけたりなんだりでしたが、
あたたかく迎えていただきました。感謝(;_;)

トリオは、難しい曲を与えられましたが
今回参加して、
ふだん自分が逃げているところとか、よくわかりました(~_~;)

いっしょに演奏してくれた方々のおかげで、
自分なりに、いろいろもっとこういうことに取り組もうとか
たくさんの目に見えないものを与えてもらえました。

特に、練習やライブの後、聴きたい音源が
今までと違って聴こえてくるのがうれしかったです。

動画サイトで、カルテットライブの映像(90分近い)
とか、至上の愛ライブ映像(50分近い)とか、
楽しく一気に聴き通すことができて。
子供がやっと長編小説読めるようになったみたいな。
なんか、幅広い経験を持つ共演の方々に、いろいろ言葉じゃなく教えてもらえてたんだなぁと
思います。

また今回の経験をもとに、新たにいろいろ取り組んでいこうと思いました。

それと、2年前ぐらいにサックス主体の合宿に参加したとき
出会ったわかーいピアニストさんが、向こうから声をかけてくれて、
うれしかったです(~_~;)(お前からかけろ!)
なんか感じよい方で。演奏もとても上手だったとうちのビッグバンドのおじいさんが
言ってました。

、、、というわけで今回も若い方に紛れ込んで
楽しく演奏できました(^。^)へへへ。。。

またがんばります。。。
江南のみなさんありがとうございました。
[PR]
by rtakemoto | 2012-08-15 09:00 | Comments(0)

校歌の思い出

江南夏祭りが終わった。
楽しく演奏させてもらいました。
みなさん、ありがとうございました(*^_^*)

、、、自分はメンバーでも何でもないのに、
江南ジャズオーケストラにしっかりまぎれこんで
コンボだけ好きに演奏させてもらうという不思議な関わり方なのですが、
そこのピアニストさんと今日初めて話していたら。

わたしのうちは、とある小学校のすぐ近くなんですが、
彼女はその小学校(わたしの母校)が現職場だというではないですか!
ぶっちゃけ小牧市立一色小学校というんですが、
そこで講師をされているというのです。
つまり毎日わたしの家のまん前まで通われているという。。。

で、一色小学校の校歌は、たしか私が小学校3年生ぐらいにできたのですが、
作曲家、平尾昌晃氏が作ったんです。「カナダからの手紙」(ふ、、ふるい)とか
数々のヒット曲で有名な。
で、校歌には多分珍しいマイナーの曲で、演歌や軍歌みたいな曲なんです。
3番の歌詞なんて、友が死んで、菊がどうのこうの、、、という歌詞だったような。
これを運動会が始まる開会式で小学生に歌わせるという(--〆)

この校歌を子供のころ、おばあちゃんに演歌調たっぷりでピアノで弾いて聴かせてあげると
喜ばれたもんです。なんか、あいまに「ワワワワー♪」とか、前川清っぽく合いの手を
入れれるような曲なんで。

で、彼女はその校歌の伴奏を現在その小学校で担っているという、、、。
まさかこの校歌の話がすぐ通じる人がいるとは思っていませんでした(~_~;)

この偶然に意味はあるのかなと一瞬考えてみましたが
特に意味は見出せませんでした(;_;)

意味はなくとも、参加させてもらって楽しかったです。
夏はまだまだビッグバンド関係が目白押しなので、
頑張りたいです。
[PR]
by rtakemoto | 2012-08-05 00:00 | Comments(0)

ジャズピアノに取り組んでいる武元理恵子の日々の記録


by rtakemoto